最新記事一覧

1杯当たりの価格を比較

男女

見積もりで確認したい項目

職場環境が劇的に良くなると、多くの企業がオフィスコーヒーを導入しています。ちょっとした休憩時間に美味しいコーヒーを手軽に飲めるのが、オフィスコーヒーならではの魅力。また、コーヒーマシンの周りで自然と社員同士が会話をし、新たなアイデアやビジネスチャンスが生まれるのも多くの企業が導入している理由です。まだオフィスコーヒーを自社に導入されていない経営者は、1杯当たりのコストを比較しサービスを選ばれてはいかがでしょうか。オフィスコーヒーのスタンダードタイプが、コーヒーのみに対応した1杯抽出型。1杯当たりの単価は約50円となっており、缶コーヒーの半分以下の価格で利用できます。また、お茶にも対応した1杯抽出型は、1杯当たりの単価が約60円から75円。社員の中にコーヒーが苦手な方がいても、低コストでお茶まで楽しめます。さらに10杯抽出型であれば、単価は約30円まで下がります。昼食時のみにコーヒーを提供したいとお考えの場合には、最適な選択肢となるでしょう。より低コストでオフィスコーヒーを導入するために、メンテナンス費用やオプション費用も比較しましょう。多くのサービスでは、基本メンテナンスは無料で提供しています。ただし、利用量によっては有料になる場合もあり、見積もりを確認することが重要です。また、カップやシュガー、ミルク、マドラーなどは、オプションに含まれる場合があります。こちらも見積もりを比較することで、コストを抑えながら職場環境を整えられます。

Copyright© 2018 職場でオフィスコーヒーを楽しもう【低価格で導入できる】 All Rights Reserved.